危機に瀕する地域公共交通再生の道を示す

依然、パンデミックが収まらず、また少子高齢社会が進行、多発する自然災害も含め、地域公共交通は深刻な事態を呈しています。 一方、高度化するIT・ネットワークがモビリティ社会の救世主となりうるか、またデジタル庁の開設によりD

防災の日

西日本豪雨災害から3年目となる防災の日、9月1日、JETRO岡山の皆さんと赤磐市ふれあい公園の体育館へ岡山シーガルズの練習を見学に参りました。 緊急事態宣言下、一般利用は制限され、また、体育館自体の利用も厳しい制限の中で

過ぎゆく夏

運動不足の日が続きます。 岡山市の中心市街地には、後楽園を別とすれば、緑が続くのは西川緑道公園界隈です。 暑さはまだまだ続きますが、8月28日、たまには散歩をと西川へ出かけました。 もう、彼岸花が咲いています。 岡ビル市

第5回 高梁市地域防災力向上委員会

高梁市の第5回となる「地域防災力向上委員会」が、8月23日、近藤隆則市長同席のもと、オンラインで開催されました。委員長をつとめる小職が、全体の進行役を担当させて頂きました。 この間、自主防災組織の設立支援等モデル地区の組

瀬戸内で気分転換

随分、凌ぎやすい気温となりました。 天候は曇天、時々雨です。 8月22日は倉敷市水島で打ち合わせがありました。 お昼に久しぶりに水島の昔からの食堂で食事をしてから、少し遠回りをして、下津井、鷲羽山、児島から玉島を抜けまし

自炊の日々

新型コロナ災禍が続きます。 時々は気分転換に外食をしますが、朝食と夕食は、ほぼ、自炊の毎日です。 買い物もマンネリ化、品目がパタン化しています。 そのなかで、やりくりしながら変化を出すのに苦労しています。 コンビニ弁当と

調査出張~沖永良部島【4】

最終日の8月17日は、朝、港から近所の浜を散策しました。 浜辺には島特有の海浜植物が生い茂り、ヤシガニを見つけることができました。 これは初めての体験でした。 さて再び、知名町役場の方と大久保代表理事がホテルまで迎えに来

調査出張~沖永良部島【3】

一息ついて落ち着きましたので、午後から視察を再開、おきのえらぶ島観光協会を訪問しました。 ここはかつて、保育園だった建物を改装して、素敵なスポットになっています。 マリンスポーツ用品やレンタサイクルなども配備されており、

調査出張~沖永良部島【1】

沖永良部島は鹿児島県のほぼ最南端に位置する美しい島です。 天候を心配しましたが、8月15日の夕方、無事に沖永良部空港に到着しました。 おきのえらぶ島観光協会HPによれば「沖永良部島は、鹿児島市から南へ552km、北緯27

調査出張~那覇

長崎県、佐賀県、福岡県を中心に豪雨災害の発生が危惧される中、8月15日、朝から博多も雨でした。 地下鉄に少しの遅れはありましたが、ほぼ平常通りの運行でしたので、博多駅から福岡空港へ向かい、那覇行きに乗り込みました。 異常

調査出張~博多

一般財団法人地域総合整備財団(ふるさと財団)の地域再生マネージャー事業のアドバイザーとして、8月15日から17日までの予定で鹿児島県沖永良部島を訪問いたしました。 県外出張ですので、財団からの指示で、新型コロナ感染対策と