東京モーターショー

小生をのぞきトップクラスの研究者が集いました。 そのハイソの会に入れて頂きましたら、会話は面白すぎながら、お支払いが想定外のハイでした。 バブル期を思い出した神田明神下、銭形平次宅での宵タイムでした。 翌日、11月2日、

キャンパスの秋

ここへきて急に朝晩の冷え込みが厳しくなり、身体のモードも秋から冬支度となりました。 10月最後となった10月31日、岡山大学津島キャンパスにあるJテラスで、地域総合研究センターの教職員が集い、日米の秋をテーマにおしゃべり

郷里の秋

実家の愛媛県西条市の実家には、少しばかりの田んぼがありますが、既に父の時代から耕作できず、近所の皆さんに耕作をお願いしてきました。 一方で、わが家のような耕作する人がいない水田が増えてしまい、ここで農地の集約化を進めるこ

倉敷三昧

この数年は倉敷市との関りが深くなっています。 倉敷市を中核市とする連携中枢都市圏、水島滞在型環境学習コンソーシアム、高梁川流域での学生活動、空き家対策研究会、平成30年7月豪雨災害による倉敷市真備地区復興計画策定委員会及

今も生きる空海

OHK開局50周年記念の流れで、10月23日開催された岡山放送番組審議会は、8月31日(土)放送の『OHK開局50周年記念番組 書家・紫舟がたどる 今も生きる空海 』でした。 案内役の書家である紫舟さんは、私の郷里である

アクティブラーニングを学ぶ

米国オレゴン州ポートランド大学からお迎えしているセリーン先生によるCBL(コミュニティ ベースド ラーニング)の学習会が、10月21日、学内L-Caféを会場に開催され、学内外の様々な領域から教員が参加、地域での実践的指

平家の里

四国の真ん中を走る、JR四国の土讃線、その真ん中の駅がJR大歩危駅です。 ここは平家の伝説がいまも残る秘境の地です。 四国三郎の異名を持つ四国一の大河である清流吉野川、さらにその支流となる祖谷川は険しい渓谷を流れる透明感

出勤時にトヨタMIRAI発見

走行時には地球温暖化の原因となるCO2を排出しない車(水素と酸素が結びついた水を出す)ですので、走行中に限って申せば大気を汚染することがありません。 一回あたり水素充填時間は3分程度。一充填走行距離(参考値)は約650k

吉井川流域DMO

現在、吉井川流域DMO の有識者会議の座長を拝命しています。 10月17日は、赤磐市ネオポリスの一画に事務所を構える吉井川流域DMOの事務所を訪問いたしました。 事務所は、きれいに整理整頓されています。 今年度のDMO企

ひがら、おかやま国際音楽祭

岡山市内では、おかやま国際音楽祭が開催され、まちのあちらこちらに素敵な調べが流れます。10月14日は、その盛りあがりに歓喜しながら、還暦と9年目の岡山暮らしを迎え、ようやく岡山で己の完結すべきテーマを見いだせた気がした今