Vサマーリーグ女子大会・西部大会前夜祭

Vサマーリーグ女子大会・西部大会前夜祭
7月2日、岡山市北区にある桃太郎アリーナで開催される「2015Vサマーリーグ女子大会・西部大会IN岡山」の開会に先立ち、参加チームの関係者と岡山県、岡山市、経済界、スポーツコミッション研究会(SPOC研究会)などが、奉還町にある割烹「松の木」に会して、懇親を深めるため交流会が開催されました。
Vサマーリーグ女子大会・西部大会前夜祭
日本バレーボールリーグ機構木村憲治会長はじめテレビでしかお目にかかれない大物の皆様方が勢揃いでした。岡山大学からは小職と教育学研究科の高岡敦史先生の2名が参加しました。小職の席の隣が、嶋岡健治副会長で、とても素晴らしいお話を拝聴することが出来ました。
Vサマーリーグ女子大会・西部大会前夜祭
 ▲ 木村会長挨拶
嶋岡副会長は3度のオリンピック出場を経験された日本を代表するプロバレーボール界に金字塔を打ち立てた方です。プロチームの組織運営のご苦労について、市民参加型のチームである岡山シーガルズのファン作りに関する健闘を讃えるコメント、また、度重なる国際ルール変更への対応など、業界を代表される方の日々の目配りと見識の高さに、大いに学ばせていただきました。また、JT、東レ、久光、トヨタ車体、トヨタ自動車など、各チームの監督やマネージャーさんとも意見交換や名刺交換をさせていただきました。
Vサマーリーグ女子大会・西部大会前夜祭
 ▲ 嶋岡副会長
地方創生にスポーツを活かす流れをつくります。2次会では、女子バレーボール岡山シーガルズさん&奉還町商店街さん&岡山大学がコラボレーションした夜を岡山商工会議所さんがコーディネートしてくださいました。それぞれが出来る事、それを持ち合い、足し算を掛け算に変えて、これまでになし得なかった地方創生のスタイルを創造したい、と夢を語り合いました。
Vサマーリーグ女子大会・西部大会前夜祭


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)