第3回「スポーツプロモーション研究会」

12月4日、第3回「スポーツプロモーション研究会」が西川緑道公園にある西川アゴラで開催されました。
今回の話題提供は岡山シーガルスの高田さゆり氏から『スポーツチームの経営の現状と課題』、岡山大学経済学部4年の長宗武司君から『スポーツを支え、盛り上げる地域の取り組み』でした。
第3回「スポーツプロモーション研究会」
 ▲ 右から2番目が高田さん
高田氏の現場での苦労話やこぼれ話に集まった関係者は興味津々で、真剣に聞き入ります。スポンサー企業を持たない岡山シーガルスは、その運営に苦心しながら、1位を維持し、そして精一杯に地域のため、後進の指導に汗をかいておられることが、よく理解できました。もっと、のびのびと練習や試合に集中できる環境を経済界や大学が支援していかねばならぬと、一同、決意を新たにいたしました。
第3回「スポーツプロモーション研究会」
 ▲ 長宗君
また、長宗君の学生目線からのプロスポーツと地域の連携に関する調査報告にも、多くの意見や感想が出され、意義深い内容となりました。具体的な活動方針を検討に入ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)