金沢・熊本・岡山三都市「学都シンポジウムin金沢」のお知らせ

金沢・熊本・岡山三都市「学都シンポジウムin金沢

三都市シンポジウムは平成17年に熊本市で第1回が開催され、今回で4回目となります。明治時代の四高・五高・六高からの伝統を有する3大学と各市の行政、経済界が一堂に会し、3市に共通する話題として、城下町での暮らし、新幹線とまちづくり、学都創成などをテーマにまちづくりを話し合ってきました。
地方中核都市として多くの大学、短大、専門学校の集積を有する三都市は、それぞれが学都を自認し、それを都市づくりの重要な要素として位置づけています。3市は、城下町としての共通点はあるものの、学生気質や市民性に違いがあり、三者三様のまちづくりが展開されつつあるようにも見えます。それを確認することは、今後のそれぞれの都市戦略を考える上で有用と考えシンポジウムを開催します。
金沢へは、教職員に加え、岡山市、岡山商工会議所、小職の授業を受けている学生を中心に総勢20名ほどが参ります。
ご興味・ご関心がある方は、ぜひ、ご参加下さいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)