岡山市と「まちづくりに関する地域連携協定」締結

岡山大学と岡山市は、市民協働のまちづくりを推進しようと「まちづくりに関する地域連携協定」を締結しました。大学と市が連携することで、まちづくりに大学生や地域住民が気軽に参加できる機会をつくり、西川緑道公園界隈を中心としたまちづくりを推進することを目的としています。
10月8日の調印式は、本学附属図書館のラーニング・コモンズで開かれ、森田潔学長、大森雅夫市長、本学教職員や学生ら約30人が出席。森田学長は、「大学生のパワーと教職員の知識を活用し、活力に満ちたまちを作っていきたい」。大森市長は、「まちづくりは各世代の知恵を出し合うことが必要。市と大学が一体となって岡山を発展させたい」と挨拶しました。
岡山市と「まちづくりに関する地域連携協定」締結
岡山大学地域総合研究センターが事務局を担当します「まちづくりの活動拠点」として、西川緑道公園沿いの伊達ビル2階(岡山市北区田町一丁目)に「西川アゴラ」を10月20日に開設します。岡山市の西川パフォーマー事業と連携しながら、まちづくりの歴史・経緯調査やヒアリング調査等を行います。また、まちづくりに関する勉強会、ワークショップを行う場として活用します。
岡山市と「まちづくりに関する地域連携協定」締結
また、この日は大森雅夫市長による「大盛トーク(市長が市民と本音で語る会)」が開催されました。留学生を含む様々な学部から学生が参加して、市政に関する積極的な質問がなされました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)