家族との時間

6月21日、久しぶりに東京へ戻りました。
さいたま市の介護施設にいる妻の母を見舞いました。
アルツハイマーが相当に進んでいます。
童謡を聴くのが好きで、反応するのですが、目は開きません。
実父を亡くしてみて確信しましたが、アルツハイマーでも長生きして欲しいと思います。
同時に、介護頂いている施設の皆様方には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
そろそろ次は、自分の番です。老いを考える時節です。
夜は、娘と妻の誕生日を祝いました。
家族との時間
この1年間は、まことにもって家族にいろいろな出来事が起こった年でした。
シャンパンで乾杯してから、ひとつひとつの出来事を振り返りながら、ゆっくりとした時間を過ごしました。
めっきり、お酒が弱くなってしまいました。
これから残りの人生をどのように過ごすか真剣に語り合う年齢となりました。
娘は黙って両親のやりとりを聞いていました。
静かに夜がふけました。
家族との時間


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)