学都研究「地域と教育」シンポジウム

学都研究「地域と教育」シンポジウム

3月23日、学都研究の成果報告の一環として教育学部橋ヶ谷佳正教授が『岡山の教育にてみんなで語ろう』を企画されました。この日、会場は岡山大学創立50周年記念館で、県内から多くの教育関係者が集まりました。冒頭の荒木勝社会貢献理事の挨拶でスタートしました。
シンポジウムでは、初めに橋ヶ谷教授から「Character Education」と「Universal Design」のキーワードで、品格教育から良い学校づくりを考えるコンセプトで話題提供がなされました。
その後、中学や高校の先生方から現場での品格教育の報告があり、それを受けてパネルディスカッションがありました。小中高から大学までの教員が一堂に会してのパネルディスカッションは貴重な機会であると思います。
最後に、閉会の挨拶をさせていただきました。
学都研究「地域と教育」シンポジウム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)