モビリティ研究会

3月24日、筑波大学の石田東生教授と東京大学の鎌田実教授をお招きしてモビリティ研究会を開催しました。午前中、鎌田先生と石田先生を後楽園や商店街などへご案内しました。
モビリティ研究会
 ▲ 商店街の写真を撮る石田先生
表町商店街では、岡山市中之町街づくり株式会社を訪ねました。中野沙紀さんが対応してくれました。今回の研究会はクローズドでの開催とさせていただき、大学側から、岡山市、岡山商工会議所、岡山経済同友会、NPOの皆様に参加をお願いいたしました。研究会の事務局側からは、トヨタ自動車とユニバーサルデザイン総合研究所の方が参加しました。
今回のメインテーマは岡山中心市街地の活性化に向けた都市・交通政策についてです。会では、本学環境理工学部の氏原岳人先生から岡山市内の来街者回遊性調査について話題提供を受け、参加いただいた皆さんから活発な意見が出されました。
モビリティ研究会
 ▲ モビリティ研究会右二人目が鎌田教授
今後は具体的な活動を展開するための準備に入ることを確認しました。
両先生にも引き続きご指導をいただくことをお願いしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)