グローバル人材の育成について意見交換

国際化が進むなかで、大学教育におけるグローバル人材の養成が急務の課題となっています。
2月3日(金)、文部科学省高等教育局国際企画室の坂下鈴鹿室長をお招きして、今後の高等教育におけるグローバル人材の養成の方向性と大学教育のあり方ついて本学関係者が集まりお話を伺いました。
そのあとで、会場を駅前に移して、夕食会を兼ねて自由な雰囲気の中で意見交換の時間を持ちました。岡山大学からは荒木理事をはじめ国際センターのメンバーを中心に参加しました。
左から3番目が坂下室長、2番目が荒木理事
 ▲ 左から3番目が坂下室長、2番目が荒木理事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)