神戸探訪

1月11日、久しぶりに神戸元町に出かけました。須磨水族園で海洋生物を見学してから須磨海岸でのんびり過ごしました。
神戸探訪
大きなサメの歯型や悠然と泳ぐ魚たちが日ごろの疲れを癒してくれます。違った世界がそこにあり、自宅で熱帯魚を飼っている方の気持ちがわかる気がします。
神戸探訪
須磨海岸は晴れていましたが風が強く凧を飛ばしている人たちも操縦に難儀しながら楽しんでいます。
神戸探訪
潮風に吹かれてから、元町商店街へ廻りました。眼を引いたのは、旧第一銀行の赤レンガの外壁を残しながら、それが地下鉄の入り口に改装され保存されています。神戸らしさを残したまちづくりです。歴史ある商店街は、神戸風月堂や本高砂屋などの老舗と時代を先取りするショップが入り混じりながら、訪れる人を楽しませてくれます。
神戸探訪
何軒かのお店をのぞいて、ちょっとした小物を買ってから、中華街(南京町)へ抜けて昼食をとりました。リーゾナブルな値段でバイキングスタイルの中華料理を楽しみました。ちょっと食べ過ぎました。
夕方が近づいてきましたが、せっかくなので有馬温泉まで足を伸ばしました。何年ぶりかに入湯した公衆温泉「有馬本温泉金の湯」は、大勢の観光客でとても混んでいました。ただ、熱いほうの湯船は比較的空いていたので、静かに湯船に沈み、赤銅色の金湯で肌をさすります。額から汗が流れ出し気分は爽快です。風呂上りに「ありまサイダーてっぽう水」を頂きました。炭酸が強くて、なかなか飲み干すのに時間がかかります。量産されているものと違い、どこか懐かしい味がしました。
神戸探訪
外は日が暮れて小雨がぱらついていましたが、温泉街をぶらぶら歩き、名物の炭酸せんべいを焼き上げる実演をしているお店をガラス越しに眺めたり、土産物屋をひやかしました。
岡山からは遠出とまでは行かない距離にある神戸や有馬、ほっと一息させてくれた小さな旅でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)