美味しいもの「あれこれ」

とり松
8月20日のこの日は、10月1日から着任されるI先生を京都へ訪ね、事前の打ち合わせをいたしました。岡山大学地域総合研究センターにとって大きな戦力になっていて頂けること間違いなしです。打ち合わせ後、I先生お奨めの京丹後網野名物「ばらずし」(とり松)を買い求め、東京へ向かう新幹線のなかで食しました。鯖がベースなのですが、クセがなく、とても上品なお味でした。
左々舎
 ▲ 左々舎にて
さて、夜は神田明神下の池波正太郎さんが愛した「左々舎」で、京都大学の川北英隆先生、中央大学の大野薫先生、前根津育英会武蔵学園専務理事の小林米三氏と鱧づくしのコースを食しました。今後のわが国における金融資本市場の方向性について意見交換をさせていただきました。
トヨタ本社ロビー
 ▲ トヨタ本社ロビー
翌日は、東京駅丸の内界隈で三菱地所、東京海上日動など3件のアポイントを済ませて、夕方、トヨタ自動車の東京本社へ移動して2時間ほどミーティングを行い、夕方から四谷3丁目へ会場を移動して食事を兼ねたミーティングです。ビルの建設から担当した古巣の「きんざいセミナーハウス」の傍にある最近オープンしたお店です。
荒木
旬の岩牡蠣や熊本の馬刺しを堪能いたしました。
平素の食事は、自炊か大学生協の食堂です。たまのグルメにお腹がびっくりしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)