山陽放送報道番組に生出演

岡山城と桜
 ▲ 岡山城と桜
4月2日、山陽放送さんが企画した「政令市5年の岡山 生かせるかビッグチャンス~中四国拠点の街づくりは~」なる2時間ものの報道番組に生出演させていただきました。
イオンモール岡山の開業を控えて、表町商店街に活気を取り戻そうという趣旨の番組でした。
出演は、大森雅夫岡山市長、表町商店街連盟から大開博之理事長、さらの表町から「岡山市中之町街づくり株式会社の片山進平社長、岡山商工会議所から古市大蔵副会頭、そして宮崎県日南市油津のまちの再生を請け負った木藤亮太さん、そして小職です。
進行役は、石田好伸と小尾渚沙アナです。
表町や後楽園裏の旭川にあるお花見会場、そして高松市丸亀町商店街にカメラを入れてスタジオを結ぶというライブならではの面白さに加え、次々と全国の再生を果たした商店街で収録した映像を駆使した内容となっていました。
特に、宮崎からゲストでお招きした木藤亮太さんのスタジオでの話に現地で収録した映像を組み合わせた事例紹介は説得力がありました。
また、個人的に4年半在住した、名古屋市大須商店街の映像はとても懐かしく感じ、思わず、コメントに力が入りました。
もう少し、スタジオでの討論に時間があれば、古市大蔵副会頭とまちづくりに対する考え方についてバトルを展開したかったという感想です。ともかく、皆様、お疲れ様でした。
山陽放送「政令市5年の岡山」にて記念撮影
スタジオで記念撮影した写真です。みなさん満足の笑みがこぼれています。

[関連リンク]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)