岡山放送番組審議会

岡山放送

4月24日、OHK岡山放送の番組審議委員という名誉な役をいただき、岡山放送本社で開催された番組審議会(第502回)に、はじめて出席いたしました。
会議では、まず、委員長に公益財団法人大原美術館の大原謙一郎理事長が新任されました。副委員長は(株)ジェイアール四国企画の吉良次雄代表取締役社長が再任されました。引き続いて、去る4月12日の夕方に放送された「夢みる金バク!」(バクは夢見る動物との言い伝え)という岡山と香川エリアを題材にした、将来の地域を担う子供たちの夢を著名ゲスト俳優や芸能人が叶えるサポートを行うといったコンセプトの新番組について各委員から意見が出されました。
斬新かつ真面目な企画であり、同時に岡山放送がフジTV系列であるという主張も随所に溢れていました。家族みんなで楽しめるNHKでは味わえない番組です。
どの委員も、非常に冷静かつ率直な意見のなかに、番組の制作を担当された関係者の方々に対して温かなエールが込められていました。とりわけ、大原謙一郎委員長の言葉は含蓄と示唆に富んでおり、胸を打たれました。
最後は、放送番組の編成に関する報告などがありました。小職にとっては緊張した1時間でした。
「夢みる金バク!」スタッフの皆さん、頑張ってくださいませ!
夢見る金バク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)