吉備創生カレッジにて講師

吉備創生カレッジ
大学コンソーシアム岡山と山陽新聞社が主催する生涯学習講座「吉備創生カレッジ」の講師をつとめました。
会場は山陽新聞本社 “さんたキャンパス” です。地域に根ざした生涯学習拠点であり、講師は、主に大学コンソーシアム岡山に加盟する大学教員が担当し、地域づくり、歴史、文化、教育、医療福祉、社会、生活など各大学の特色を生かした多彩な講座内容となっています。
後期講座の講師として、岡山大学からは、わたしが担当させていただきました。テーマは「世界遺産を訪ねるまちづくり」、10月10日(世界遺産:日本編)、10月24日(世界遺産:世界編)、そして11月7日(岡山のまちづくりの課題を考える)と題してお話をさせていただきました。
日本編では自然遺産「知床」や文化遺産「飛騨白川郷」、世界編では自然遺産「ガラパゴス諸島」や文化遺産は「ストラスブール」などを紹介しながら講座を進めさせていただきました。岡山のまちづくりの課題を考えるでは、二組に分かれていただき、ワークショップ形式で岡山のまちづくりに応用できる思考について皆さんで議論して 各人にお考えを発表いただきました。
皆さん、ご自身の岡山でのお気に入りスポットを紹介していただきながら、魅力度アップの方法について、また、環境の保全・保護の在り方について持論を展開していただきました。皆さんにお断りしてワークショップの風景を撮影させていただきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)