『岡山まちの夢 学生アイデアコンテスト』第1回ワークショップへ参加

6月23日まちづくりワークショップ
6月23日(土)、岡山県と岡山中小企業団体中央会が主催する『岡山まちの夢 学生アイデアコンテスト』の第1回ワークショップが県立図書館で開催されました。
この企画は、「街の未来デザインを描こう」をコンセプトに、街の中心部や商店街などに人が集まる仕掛けや、地域にあるものを再発見し活用して新たな魅力をつくるためのアイデアを学生から募集するものです。
岡山大学では地域総合研究センターが学生たちに呼びかけをして、「まちなかキャンパス」プログラムの一環としてこの企画に積極的に参加しています。
この日は、空き家バンクNPO法人尾道空き家再生プロジェクト代表理事の豊田雅子氏を講師に招くほか、地元からは奉還町商店街振興会組合理事長の岸卓志氏が奉還町商店街の歴史や現状、美作市からは英田(あいだ)地区で「上山棚田再生事業」に取り組む皆さんが実際の活動や田舎でのショートスティを楽しむプランなどについて報告があり、こうした生の取組み事例を基に学生たちがチームに分かれ、まちづくりや中山間地域の活性化へのアイデアを練る作業に入りました。岡山大学からも大勢の学生が参加しました。
このコンテストは秋からが本番です。学生たちの益々の知恵だしに期待します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)