天満屋ハッピータウン原尾島店視察

総社市にある天満屋ストアと地元店舗の複合商業施設「リブ21」の活性化を考えるメンバーになっています。この日は、リブ21の店舗改装に向けたトレンドをつかむべく、最近、リニューアルオープンした天満屋ハッピータウン原尾島店を視察に参りました。
天満屋ハッピータウン原尾島店
外装はシンプルにまとめられ、新たな入居した「マツモトキヨシ」をはじめとする看板がデザインになっている流れは、イオンなどと一緒の発想です。
店内は撮影できませんので、写真はありませんが、トイレの清潔感は抜群です。また、店内のあちらこちらに休憩できるコーナーが設けられており、さらに商品の陳列が低い位置で止められていて、どのフロアも店内が一望できるように配慮され、広さを実感できる気持ちの良さを来店客に提供していました。また、鮮魚コーナーには瀬戸内の地ものコーナーが、精肉コーナーも和牛が主流で岡山特産の「千屋牛」コーナーがあり、地域性を意識した作りになっていました。
非常に好感度が高いお店に仕上っている印象です。また、近所にユニクロやロードサイド型のスターバックスなど、人気の店舗もあり、相乗効果を得ることができるロケーションでもあります。こうした結果を念頭において、リブ21の新たな挑戦に向けたヒントとさせていただくことにいたします。
リブ21会議


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)